ワークフローを比較しちゃお〜オフィス活動効率化の計画書〜

オフィス

規則通りに作成

印鑑

プライベートでも仕事でも、重要な契約などを行う際に必要になるのが実印です。実印がある書類というのはかなり重要な意味を持つ事になりますので、軽い気持ちで印鑑を押さないようにした方が良いでしょう。実印と聞くと高そうな印鑑をイメージする方もいますが、実際のところ値段は関係ないとされています。そのため、百円などで売られている印鑑を実印として使用しても書類審査は通過します。しかし、百円の印鑑を使用する場合、大量生産されているため、偽物を利用したとしてもばれない恐れがあり、セキュリティー的に問題となってしまうので控えた方が良いでしょう。はんこ屋などできちんとした印鑑を作り、市役所に行って実印登録を済ませるのが一番良い方法です。重要な意味合いを持つようになってしまうので、正しい方法で利用した方が良いでしょう。

実印を作成する時の注意点がいくつかあります。ひとつ目は大きさです。印鑑には様々な大きさが存在していますが、実印となると正式な大きさが決まっています。8mm以上25mm以下というのが規定であり、このサイズの正方形以内の大きさに収まるようにしなければなりません。二つ目は入力する名前です。住民票に登録された名前を使うのが一般的であり、名前の一部を使用するのが原則とされています。会社名などを使用する事は出来ず、印鑑の中には氏名以外の記入を一切許されません。日本人であれば、一人一本まで登録が可能とされているため、どこで使用しても問題ないような正しい実印を作成しましょう。