ワークフローを比較しちゃお〜オフィス活動効率化の計画書〜

オフィス

内部と外部

女性

監査には数種類存在しており、監査役や会計、業務やシステム監査などがあります。それぞれに監査する内容が異なっており、それぞれに対してきちんとした業務が行なわれているのかを正当な判断を下すお仕事とされています。厳しいチェックを受けるのですから受けたくないと思う企業も多いでしょう。実際に問題が発覚した場合などはかなりショックを受けますし、違法などがばれてしまうケースもありえます。しかし、規則正しい業務を行っている方にとっては強い味方となり、安全な企業であるという証明をする事が出来ます。信頼性、安全性、有効性などを総合的に判断してもらえますので、監査を受ける事によって周りからの信頼度も高まる可能性が十分にありえます。

監査は大きく分けて二種類に分類されます。内部監査と外部監査です。内部の場合、大きな企業であれば組織の内部に監査役を設置する事を義務としており、問題が発生しないように見張る役割を担っています。外部監査は公認会計士などが行う事が多く、組織と独立した人がチェックします。財務情報などをしっかりと確認し、不正が行なわれていないかどうかを確認するお仕事となっています。不正などがあるというのは、企業的に大きなダメージを受けるリスクが高いですし、不正が公表された際の被害というのはかなり大きいです。不正行為が行なわれる前に対処しておけば、大きな問題にならなくて済むようになりますので、監査などを行って自社内で問題が起こらないようにしましょう。